あなたの資産運用にスマートなオルタナティブ投資を。
オンライン不動産投資プラットフォーム「ビットリアルティ」

オルタナティブ投資における不動産

不動産投資における留意点

他方、不動産投資には以下のように留意すべき点があります。

(1)不動産の取得・運営・管理に係る専門的なスキルが必要 不動産は、それだけではリターンを生み出しません。その不動産が最も力を発揮するように活用することで、はじめて将来的な収益を獲得することができ、その不動産に価値がつくのです。
そのためには、その不動産をどのように運営し、いかに適切に管理するのかが非常に重要です。実物不動産は単に投資すれば利益が得られるというわけではなく、オーナーとしてのマネジメントが求められます。マンション投資やアパート投資と言っても、そのアパートをうまく経営できるか否かによって獲得できるリターンは大きく異なってくるのです。
さらに、自宅を探すのとは異なり、投資用不動産の取得には、不動産市場の専門家としてのスキルも求められます。したがって、自身がオーナーとなって実物不動産を購入し、家賃収入を得ようという場合、取得に関する目利き力も必要となります。

(2)換金性が低い 株式や債券などの伝統的な資産クラスとの大きな違いの一つとして、流動性・換金性の低さがあります。上場株式であれば、買おうと思えばいつでも買えて、売ろうと思えばいつでも売ることができます。しかし、不動産の場合、一旦投資したら、別の買い手が見つかるまで売ることができません。一度に多くの人が売りたいと思ったときには、誰も買い手が見つからないこともあります。
これを流動性リスクと呼び、短期的なリターンや手元流動性の確保を追求する場合には、大きなリスクとなります。しかし、長期的な資産運用を意図し、そこまでの流動性・換金性を求めないのであれば、この流動性リスクに見合ったリターンを享受することができます。

(3)投資金額が大きく、分散には多額の資金が必要 不動産は「一生に一度の買い物」とも呼ばれるように、投資するためには多額の資金が必要です。居住目的ではなく、投資目的で購入する場合でも、実物不動産を購入しようとすれば、株式や債券とは比べ物にならないほど多額の資金が必要になるでしょう。

重要なお知らせ

以下の書類について、書類名リンクから内容をご確認のうえ、同意をお願いいたします。

同意情報を保存できませんでした。時間をおいて再度お試しください。
戻る