あなたの資産運用にスマートなオルタナティブ投資を。
オンライン不動産投資プラットフォーム「ビットリアルティ」

分散投資・オルタナティブ投資の重要性

資産運用における分散投資の重要性

一般に、不動産クラウドファンディングは、インターネットを通じて実物資産に直接投資できる新しい仕組みであり、今までは多額の資金が必要だった実物資産への投資に、少額から参加することができます。
ここでは、資産運用の考え方、オルタナティブ投資の重要性、そして不動産投資の特徴について具体的に説明します。

最近、資産運用の必要性が言われるようになりました。社会状況の変化に伴って、いままでのように「真面目に働いていてさえすれば、退職金や年金、保険などで、老後も大きな不安なく生活ができる!」という時代ではなくなってきたからでしょう。
しかし、資産運用と聞くと、ギャンブル的な要素を含む、少し危なっかしいものだという印象をお持ちの方もいるかもしれません。もちろん、そのような資産運用の仕方もあることを否定しませんが、本当の資産運用は、もっと身近なものです。これからは、将来のために自ら備えるべく、じっくりと資産を育てることが、すべての人に必要な時代なのです。

不動産投資を検討しようという方なら、こうした資産運用の重要性を理解し、すでに行動に移しておられる方も多いかもしれません。
同時に資産運用には長期的な視点が必要だということも、ご存知だと思います。その長期的な資産形成に向けた投資手法のひとつに「分散投資」があります。こちらも資産を運用されている方は、よく耳にする言葉のはずです。
分散投資は、ノーベル経済学賞も受賞した「現代ポートフォリオ理論」でも、その有効性が示されています。投資では「卵を1つのカゴに盛るな」という格言がありますが、これは特定の商品だけに投資をするのではなく、複数の商品に投資を行い、リスクを分散させよという意味です。
特定の商品だけに投資をしていると、大きな金融危機や、その企業の不祥事、業界の大事件などの突発的な出来事によって、全ての資産を失う可能性もあります。
しかし、複数の商品に投資すれば、どれかで損をしても、ほかで利益を得ることができるため、安定した資産運用ができるということです。正直に言って、絶対に儲かる商品というのは決して分かりません。そのため、長期的な資産形成においては、分散投資という概念が極めて重要なのです。世界中の株式や債券、不動産、通貨などに、地理的にも資産クラス的にも時間的にも幅広く分散投資することで、リスクを低減し、収益を安定させることができるのです。

分散投資の例

  • 資産(銘柄)の分散
  • 地域の分散
  • 時間(時期)の分散

重要なお知らせ

以下の書類について、書類名リンクから内容をご確認のうえ、同意をお願いいたします。

同意情報を保存できませんでした。時間をおいて再度お試しください。
戻る