あなたの資産運用にスマートなオルタナティブ投資を。
オンライン不動産投資プラットフォーム「ビットリアルティ」

オルタナティブ投資における不動産

不動産投資の魅力

それではオルタナティブ投資の代表格である不動産投資には、どのようなメリットがあるのでしょうか。不動産投資には、一般に、以下のような特徴があります。

(1)相対的に高く、安定的なインカムリターン 不動産投資の収益は主に毎月の賃料収入ですから、定期的な収入が見込めます。株式投資から得られるインカムリターン(資産が生み出す利益)は、1年に1度など決められた時期に、配当によって収益配分がありますが、それは企業の業績に依存していますし、家賃収入ほど安定的ではありません。家賃収入は、入居者がいる限り、継続して安定的に得られるものだからです。
また、上場企業の株価は毎日変動しますが、非上場の不動産は、価格や賃料が毎日変動することもありません。不動産投資は、毎日の株価に一喜一憂するようなこともなく、相対的に高く安定したインカムリターンを享受することができるのです。

(2)分散投資効果(株式、債券と異なる価格推移) 不動産は、伝統的な資産クラスに対して大きな分散効果を発揮します。不動産の価格や賃料には「粘着性」があるとも言われ、経済動向の急激な変動の影響を受けにくいとされているからです。
しかし、だからと言って、資産運用を不動産投資だけで行うことはお勧めできません。それはもはやオルタナティブ投資ではないからです。不動産投資はオルタナティブ(代替的な)資産であり、伝統的な資産クラスと組み合わせて長期的な資産運用を目指すべきです。

(3)インカムリターンが物価に連動(インフレヘッジ効果がある) 長期的な資産運用を考える場合、重要なポイントとしてインフレ対応があります。日本ではこの20年近くデフレ(持続的な物価下落)傾向が続いていたため、意識されることはあまりありませんでしたが、今後、インフレになった時、資産の収益率が物価上昇率(インフレ率)より低い場合、保有する資産は実質的に下落することになります。つまり、これまで100円で買えたものが120円出さないと買えなくなるとしたら、実質的に100円の価値は下がるということなのです。
今、日本政府や日本銀行は「物価上昇率2%」という目標を掲げています。ここでいう物価は、正確には消費者物価指数を指します。この指数は生活上、必要な支出について実際の価格を調査した結果から算定されますが、調査対象の価格のうち約2割が家賃なのです。つまり、不動産投資から得られるリターン(家賃)は、そもそも物価の一部であり、将来のインフレ時においても上昇していくものなのです。

重要なお知らせ

以下の書類について、書類名リンクから内容をご確認のうえ、同意をお願いいたします。

同意情報を保存できませんでした。時間をおいて再度お試しください。
戻る